結婚式・ブライダルローンを利用
挙式、披露宴だけじゃない!結婚にまつわる費用に対応

結婚します!となった時、結納や挙式・披露宴・新婚旅行と次々に決めなければならないことがたくさんあります。結婚は人生の中で一大イベント。納得のいく結婚式がしたいと考えている女性も多いはず。でも、その費用にも驚かされる方もいることでしょう。

挙式、披露宴だけでなく、新居にまでお金がかかる。費用が足りない・・・ということになるかもしれません。そんな時は、ブライダル専門のローンも検討してみてはいかがでしょう。

ブライダルローン・結婚式ローン

ブライダルローン・結婚式ローンといって、結婚にまつわる費用に利用できるローンがあります。 そのローンによって内容が異なってきますが、指輪の購入や新居入居にかかる費用まで対応しているブライダルローンもあるので、まずはいくつかご紹介します。

千葉銀行

借入金額 500万円
年率 5.0%~5.2%(変動金利)
最短融資:約2週間
資金使途

結婚式、披露宴、新婚旅行、借入中のブライダルローンの借換資金などに利用ができます。
※利用できる地域が限定されています。
利用可能地域:千葉県全域/東京都23区・一部地域/茨城県一部地域/埼玉県一部地域

常陽銀行

借入金額 300万円以内
年率 5.475%(固定金利)
資金使途

本人またはご子息の結婚、それに伴う新生活に必要な資金(結納金、指輪代、挙式、披露宴、新婚旅行、新居費、婚礼品など)に利用ができます。
※金利については、条件次第で割引もあります。

損保ジャパン日本興亜クレジット

借入金額 100万~300万円
年率 4.8%(固定金利)
最短融資:本申込書が損保ジャパン到着後5営業日以降
資金使途

挙式、新婚旅行、新居入居費等の費用(家財購入、引っ越し、入居時の敷金・礼金)、婚約・結婚指輪購入に利用ができます。
※2015年3月2日よりサービス廃止

※金利:2015年9月1日現在



結婚式ローン メリットとデメリット

ブライダルローン・結婚式ローンは、その名のとおり、結婚に関する費用にしか利用できない目的別ローンです。 そのため、金利が低い設定となっていることが大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、申込をしても審査~融資実行までに時間がかかることや地域が限られてしまう、年収や勤続年数、正社員といった条件が厳しい点がデメリットです。

使用目的を限定しないカードローンの場合は、申込から審査、融資実行までがスピーディなため、利用しやすいメリットもありますし、利息なしで借りることができるサービスもあります。カードローン各社の特徴はこちらのページで紹介しています。





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/06/23

このページの先頭へ