カードローンとフリーローン

カードローンはほとんどの金融機関に商品があり、テレビCMの効果もあり気軽に利用できるような商品として定着しています。使用目的が自由なことやコンビニのATMからでもすぐに利用できるという利便性の高さで注目を集めています。

使用目的が自由なローンとしてもう一つ、フリーローンがあります。フリーローンは“原則自由な使いみち”とした商品なため、『金融機関によって名称が違うだけでカードローンと同じタイプのローンなのでは?』と思われる方も多いようです。

ここでは、この2つのローンを比較して特徴の違いをご紹介いたします。

フリーローンの商品紹介ページはこちら


フリーローン

銀行では、車の購入やリフォームなど用途や目的を限定したローン(目的別ローン)を用意しているところが多く、フリーローンは目的別ローンの一つで“使用目的が自由”なタイプのローンです。特定目的のローンは見積書などの使用用途が確認できる書類などを提出する必要がありますが、低金利な点が特徴です。
目的別ローンはこちら

カードローンも自由な使いみちができますし、申込みもインターネットから来店不要で手続きを全て完了させられたり、“○○万円までは収入証明書類の提出が原則不要”という条件があるなどフリーローンとの共通点もあります。

カードローンとの違い

カードローンとフリーローンでは共通点が多く、名称が異なるだけのローンのようにみえますが、全く別のタイプのローンなのです。1番大きく違う点は借入方法にあります。

カードローンは専用のカードを発行してもらい借入れるところがほとんどで繰返しの利用ができますが、フリーローンは自分の口座に契約全額を入金してもらうと利用可能となりますが、繰返しの利用はできず返済のみとなります。

  • カードローン
    利用限度額の範囲内であれば繰返し好きな時に利用ができる
    【例】限度額:30万円以内なら10万円使っても残りの20万円をいつ利用してもOK。返済しても限度額の残高があれば繰返し利用可能。
  • フリーローン
    1回の契約で全額が入金される。追加での融資ができず、毎月一定金額を返済する。
    【例】30万円の借入契約をした場合、10万円返済してもカードローンのように繰返し10万円分の利用はできない。住宅ローンのように1回借りたら返済するのみとなる。

追加融資をしたい場合、フリーローンは再度契約をする必要があり、そのたびに申込み~審査~契約といった手順をふまなければなりません。完済しないうちにすぐに借入れてしまいがちなカードローンに比べると、フリーローンは繰上返済や計画的な返済ができるため多重債務に陥ることが少ないようです。


カードローンとフリーローンの比較

カードローンとフリーローンではそのメリットとデメリットが異なります。金利や審査などについて、イオン銀行と住信SBIネット銀行の商品を例題にして比較してみました。


借入と返済

2つのローンの根本的な違いがこの利用方法にあります。 カードローンは、利用限度額以内ならコンビニなどのATMで繰返しの借入も返済もカンタンにできます。フリーローンの場合は、1度契約すると追加融資はできず計画的な返済をするのみとなり、別途新たな契約をすることになります。

【イオン銀行】
カードローン
フリーローン(イオンアシストプラン)
1度契約すると限度額以内は何回でも借入れできます。10万円借りた場合、月々の返済は3,000円からでOK。 カードローンのように何回も借入できない。1回の契約で入金された金額しか利用できず完済をめざす。

【住信SBIネット銀行】
MR.カードローンプレミアムコース
Mr.フリーローン
繰返しの借入が可能。利用明細はネットで確認ができるので郵送されてくることはありません。
  • 契約額を1回入金されると追加融資はできませんが、利用明細は郵送されないので家族に知られません。
  • 月々の約定返済だけでなく、繰上返済(一部・全部)が1円単位で何度でも手数料無料で可能です。


  • 審査について

    カードローンの場合は、最短即日審査回答や最短即日振込可能な商品が多く存在しています。フリーローンの場合は、契約書類などを送付する必要もありカードローンと比較すると融資実行までに時間がかかる傾向にあります。一般的にカードローンの方がスピーディな借入ができます

    【イオン銀行】
    カードローン
    フリーローン(イオンアシストプラン)
  • 原則14時までの申込みは即日審査回答。口座を持っている方は最短当日借入可能です。
  • 口座を持っていない方はカードローン到着後の利用(審査完了から最短5日程度で到着)。
  • インターネットで申込み~契約まで来店不要で手続き完了
  • 契約書類送付に時間がかかること、1契約につき2,700円(税込)の事務手数料と印紙代を自己負担する必要があるのは、カードローンとの違いです。

  • 【住信SBIネット銀行】
    MR.カードローンプレミアムコース
    Mr.フリーローン
    口座開設は必須となります。申込みから仮審査回答は平日の日中なら最短当日回答となりますが、本審査結果は、口座を持っている方でも数日間かかることもあります。
  • 口座開設は必須となります。仮審査申込~審査回答は原則2営業日以内。
  • 必要書類を送付する時間がかかることと融資金額の2%相当に消費税額を加算した事務手数料の負担があるのが、カードローンとの違いです。


  • 申込条件
    【イオン銀行】
    カードローン
    フリーローン(イオンアシストプラン)
  • イオン銀行の口座があり、満20歳以上満65歳未満の本人に安定継続収入が見込める方。というのが、申込条件です。
  • アルバイト、自営業者の方も申込み可能ですが、年金受給者、学生は申込対象外となります。
  • イオン銀行の口座があり、満20歳以上満60歳未満の本人に安定継続収入が見込める方で、原則前年度税込年収200万円以上の方。が申込条件です。
  • 無職となる年金受給者、学生の方は申込対象外となります。

  • 【住信SBIネット銀行】
    MR.カードローンプレミアムコース
    Mr.フリーローン
  • 申込条件は、満20歳以上満65歳以下、安定継続収入がある住信SBIネット銀行の口座を持っている方。
  • 専業主婦、年金受給者、学生は申込対象外となります。
  • 申込条件は、満20歳以上完済時満70歳未満、原則として安定継続収入がある住信SBIネット銀行の口座を持っている方。
  • 専業主婦、年金受給者、学生は申込対象外となります。


  • 金利について

    一般的にはカードローンよりもフリーローンの方が金利は低く設定されていますが、金融機関によってはカードローンの方が低金利な商品もあります。

    【イオン銀行】
    カードローン
    フリーローン(イオンアシストプラン)
    年 3.8%~13.8% / 最大800万円まで 年 3.8%~13.5% / 30万円~700万円

    ※30万円を借りる場合、カードローンの限度額:30万円の人は金利が13.8%となるためフリーローンの方が金利が低い。


    【住信SBIネット銀行】
    MR.カードローンプレミアムコース
    Mr.フリーローン
    年 1.99%~7.99% / 最高1,000万円 年 3.775%~12.0% / 10万円~1,000万円

    ※カードローンの方が低金利です。どちらのローンもは所定の条件を満たすと最大1.0%の金利引下げ特典があります。



    その他

    【収入証明書類】
    カードローンとフリーローンどちらも『○○万円までは収入証明書類が原則不要』というところが多く、住信SBIネット銀行の場合は、収入証明書類不要の金額が異なります。(カードローン:限度額300万円まで、フリーローン:100万円までは収入証明書類原則不要)

    【おまとめ・借換え】
    複数ある借入金額を1つにまとめる“おまとめ”も現在借りてる金額を他社で借り直す“借換え”もやはり金利の低いところを選ぶことが1番です。イオン銀行も住信SBIネット銀行もおまとめ・借換えに対応しています。

    【担保・保証人】
    カードローンとフリーローンは担保も保証人も不要です。

    イオン銀行と住信SBIネット銀行のフリーローンの詳細についてはこちらをご覧ください。




    フリーローンは、カードローンと比較すると利便性では劣ってしまいますが、一般的に金利が低いことや計画的な返済が確実にできる点が大きなメリットではないでしょうか。



    関連記事

    各銀行のフリーローン 詳細&比較
    カードローンとフリーローンの違いをご説明したページでは、イオン銀行と住信SBIネット銀行のローンを例題としていました。このページでは、その2行のフリーローン…




    一つ前のページに戻る

    トップページへ戻る




    更新日:2017/06/29

    このページの先頭へ