消費者金融の金利緩和

アベノミクス効果を受け、給料もアップと景気よく動いてきています。それは、金融業界にもいえることなのです。2006年に消費者金融は、利息制限法と出資法の間のあやふやな金利の法律を利用して、15~20%以上29.2%以下という高めの金利『グレーゾーン金利』で、利用者から利息を支払わせていたことが問題になりました。現在の金利の多くは18%となっていますが、それが、CMなどでよく見る、利息として消費者金融に払いすぎたお金は取り戻すことが出来る、過払い金請求につながるわけです。そして、今また法律が変わろうとしているのです。

健全な経営だと認可された賃金業者に限り、金利の上限を、20%から29.2%に戻すという話がでています。そして、現在は借り入れできる上限が年収の3分の1という制限がありますが、それも撤廃しようという話もでています。2012年の時点での話ですが、どちらも否定されています。しかし、アベノミクスで世の中全体が明るい方向へ動くのであれば、消費者金融の規制と金利が緩和する方向へ動くのではないかと期待されています。

年収の制限は、個人事業主の方など個人で経営している方にとって、生活していくための資金が年収3分の1までしか借りられないなど不利な部分も多かったのです。議論は現在でも行われています。2006年の過払い金問題で、消費者金融界が全体的に落ち込んでしまいましたが、今回の議論が通れば再び消費者金融界は明るくなることは間違いないです。





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/06/29

このページの先頭へ