消費者金融の千円未満の債務

消費者金融でお金を借りたり、返済したりするのは窓口だけでなくATMでもできるということはみなさんも知っていることと思います。しかし、銀行のATMでお金を引き出す時にも1000円未満は引き出せないことと同じ様に、消費者金融へATMで返済する場合、1000円未満は返済することは出来ないのです。

お金を借りた場合利息が付きますので、1000円未満の端数が出ないようにするなんてことはまず出来ないはずです。では1000円未満の返済額はどうすればいいのか?もちろんお金を借りた消費者金融によっては、窓口まで返済に来てくださいという場合もあります。これはあくまでもATMでの返済の話になるのですが…実は、1000円未満の債務の場合は返済しなくてもいい場合がほとんどなのです。『無利息残高』といって、利息も手数料も付かず、支払いの期限もない残高となり、完済として扱われるのです。もちろん返済しても問題ありませんし、そのままにしても大丈夫です。しかし、もし次に消費者金融を利用する場合は、返済額に上乗せして支払うことにはなってしまいます。今後消費者金融を利用することがない場合は支払う必要はないものとして、消費者金融が負担してくれることもあります。

手数料を消費者金融が負担し振込にする場合や、珍しくおつりが出るATMだった場合は1000円未満だったとしても返済することが出来てしまいます。いずれにせよ、もし1000円未満になった場合はどうすればいいか?をきちんと確認してから借りる必要があります。





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/06/23

このページの先頭へ