不動産担保ローン

マンション、一戸建て、土地等の不動産を担保にお金を借りることを『不動産担保ローン』といいます。不動産を担保にするので比較的借りやすく低金利で高額の貸付が可能な不動産担保ローンのメリット、デメリットと主な不動産担保ローンについてご紹介します。

不動産を担保にする他のローン

  • 不動産担保ローンと同じように不動産を担保にする「リバースモゲージ」は契約者の持家(限定)を担保にして老後資金を受け取り、契約者の死後に自宅を売却し一括返済する仕組みです。

不動産担保ローンのメリット

  1. 高額な融資も可能
  2. 融資が受けやすい
  3. 低金利 ⇒ おまとめや借り換えに
  4. 使用目的に幅がある
  5. 長く借りて月々の返済を低く
  6. 自分が不動産を持ってなくてもOK

1.高額な融資も可能

不動産担保ローンでは3000万円、中には1億円まで借りられるものもあります。消費者金融のカードローンは最大800万円、銀行のカードローンでも最大1000万円が上限なので比べてみると高額なことが分かります。

もちろん不動産の価値にもよるので借入限度額と実際に借りられる金額は同じではありませんが、高額融資が必要な方で対象となる不動産をお持ちの方は利用をおすすめします。

2.融資が受けやすい

不動産担保ローンはお金を返すことが難しくなったら不動産を売って返済に充てることになります。カードローンに比べ貸す側が貸し倒れになる確率が低くなるので融資を受けやすくなります。また、原則連帯保証人も要らないところが多いのは上記の通り不動産が代わりにお金を返してくれるためです。保証会社の保証を受けることもあります。

3.低金利 ⇒ おまとめや借り換えに

金利比較

上記の通り不動産担保ローンの金利は無担保のカードローンに比べて低い金利となっています。

低金利のため、「借り換え」や複数のローンをまとめる「おまとめ」として不動産担保ローンを利用すると、返済総額を低くすることができます。おまとめとして利用する時は金利に注意し、高い金利のものだけまとめて利用するようにしましょう。

4.長く借りて月々の返済を低く設定

不動産担保ローンは返済期間が20~30年と長いので、月々の返済額を低く設定することができます。そのため、事業計画や資金繰りしやすいので事業資金利用にも適していまし、借り換えをして月々の返済に余裕をもたせることもできます。

5.自分が不動産を持ってなくてもOK

借入先にもよりますが自分所有ではない、実父母、実兄弟姉妹、配偶者の持っている不動産でも借入が可能です。この場合、担保を提供してくれた人に連帯保証人になってもらうことがあります。

6.使用目的に幅がある

カードローンでは事業用で借入はできませんし、無担保の事業者ローンでは不動産担保ローンほど高額な借入はできません。不動産担保ローンの使途は比較自由なものが多く、資金や見積書を提出すれば事業用資金として利用できるものもあります。



不動産担保ローンのデメリット

  1. すぐに融資が難しい
  2. 必要書類が多い
  3. 返済できないと不動産を手放すことに
  4. 諸費用がかかる

1.すぐに融資が難しい

不動産担保ローンは、審査で不動産の資産価値について調べるため時間がかかります。カードローンでは即日融資可能なものも多数ありますが、不動産担保ローンは7日ぐらいかかる場合もあるので見越して申し込みする必要があります。

2.必要書類が多い

無担保のカードローンは本人確認資料(場合により収入証明書)の提出でお金を借りることができます。一方不動産担保ローンは下記の書類が必要です。必要書類のなかには法務局に出向く必要があるものもあります。


  • 必要書類:公図、土地・建物登記簿謄本、地積測量図、建物図面、返済予定表、間取図(マンション)、法人登記謄本、定款、など

3.返済できないと不動産を手放すことに

返済ができなくなると、担保に入れた不動産を売って返済する、もしくは借入先が抵当権を実行して強制競売により返済となり、どちらしても不動産を手放すことになります。

4.諸費用がかかる

諸費用
不動産鑑定費用、事務手数料、抵当権設定の登記費用、印紙代など

キャッシングするときには必要ないものですが上記の「諸費用」が不動産担保ローンには必要です。手数料は「融資額の2%」など融資額によることもあり、融資額が高くなればなるほど高額となります。



主な不動産担保ローンのご紹介

東京スター銀行 不動産担保ローン

  • おまとめ・借り替え対応
  • 支店で相談もできる
  • 金利が4タイプから選択可能

現在利用中の不動産担保ローンからの借り換え・のりかえ、カードローンなどを複数社からの借入れを1本におまとめ・借り換えすることもできます。繰上げ返済手数料は無料です。

事務手数料などの諸費用は発生しますが保証会社を使わないので保証料はありません。融資期間は20年と長く、融資額は最高1億円となっています。(年収・担保評価により制限されることもあり)

東京スター銀行 不動産担保ローン


日宝 不動産活用ローン

  • 金利(年率):4.0%~9.9%
  • 法人・個人ともに利用OK
  • 全国対応が可能

不動産担保ローンでの長期にわたる実績により、迅速で的確かつ誠実なサービスにより、融資までがすみやかに進みます。融資額は最高5億円、最長30年の融資期間となっています。借地権付き物件でも相談可能ですし、抵当権の順位も問わずに契約も可能です。

日宝 不動産担保ローン


関西アーバン銀行 アーバンフリーローン不動産担保型

  • 変動金利(年率):年2.9%~年3.9%
  • 固定金利(年率):年4.9%~年9.8%
  • 事業資金やおまとめに

法人への転貸資金以外なら基本的に使用目的が自由(使用目的を確認される)。審査次第ですが限度額が5,000万円なのでおまとめとしての利用も可能です。団体信用生命保険(ガン保障付きプラン)の加入も対応しています。

関西アーバン銀行 アーバンフリーローン不動産担保型




楽天銀行 不動産担保ローン

  • 融資金額:100万円以上3,000万円以内(10万円単位)
  • 5年固定金利(年率):3.82%~9.72%(2015年9月1日現在)
  • 融資期間:次のどちらか短い期間
    【1】1年以上、25年以内(1ヶ月単位)【2】完済時年齢が満80歳

使用目的は原則自由(使用目的の確認をする場合あり)。おまとめだけでなく、他社の担保ローンからの乗り換えも可能で繰上返済手数料無料!担保設定は本人以外の所有物件も可能です。
最短翌営業日に事前審査回答。借入実行には3週間~1か月程度の日数はかかります。


みずほ銀行 みずほ多目的ローン(不動産担保型)

  • 融資金額:50万円以上5,000万円以内(1万円単位)
  • 金利(年率):店頭で確認
  • 融資期間:1年以上20年以内(1年単位)

住宅ローンのように、保険料無料の団体信用生命保険に加入すること、そして火災保険をかける必要があります。他の銀行と違って金利は店頭で確認しなければなりません。


住信SBIネット銀行 不動産担保ローン

  • 融資金額:300万円以上1億円以下(10万円単位)
  • 変動金利(年率):3.9%~8.8%(2015年9月1日現在)
  • 融資期間:1年以上25年以内(1ヵ月単位)

保証料無料。保証会社の審査では、原則、対面審査なので立会などによる担保不動産の現地調査もあるようです。実際に借入ができるのは、仮審査申込から3週間~1ヶ月程は時間がかかります。 住宅ローンを利用中でローン残高がある方もこの不動産担保ローンの利用は可能となっています。




関連記事

500万超の高額融資を希望の方
カードローンの場合、限度額は500万円という消費者金融がほとんどですが、銀行のカードローンの場合は、限度額が1,000万円という高額のところも …
資金調達を比較:事業者ローン(ビジネスローン) vs ファクタリング
事業用資金の多くは、自己資金と銀行から融資で用意することが一般的です。信用のある企業では社債の発行や増資による調達もあり得ますが、多く …




一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/06/29

このページの先頭へ